医師紹介

鴨川淳二
Junji-Kamogawa

[学歴]

愛媛大卒・愛媛大院卒(医学博士)





[私の治療理念]  医学博士 鴨川淳二


 私の専門は「脊椎疾患」と「スポーツ医学」です。日常診療では、看護師と放射線技師・理学療法士の協力を得ながら、問診と画像検査、運動療法にも時間をかけています。

 脊椎疾患は、腰痛・肩こり・四肢のしびれや神経痛などその範囲は多岐にわたります。手術が必要な患者様には顕微鏡視下手術で対応します。手術の対象は脊髄症・ヘルニア・靱帯骨化症・脊柱管狭窄症・腰椎分
 離症・腰椎すべり症・変性側わん症・脊椎圧迫骨折などです。入院の目安は約4週間です。術後のリハビリに加え、心身の疲れもとって、ご自身を休めてほしいと考えています。

 一方、スポーツ医学に関しては、思春期(中学生・高校生)の腰痛治療に特に力を入れています。ストレッチ(柔軟性)と、関節の高速作動性の獲得に重点をおいて治療しています。競技は陸上・バレーボール・
 サッカー・野球・剣道・自転車の選手が多いですが、種目に関係なく治療しています。また、その競技特性も考慮しています。

 病院では、じっくりと丁寧に診察することを心掛けています。外来の患者様も、手術の患者様も、予約制で診療させて頂いております。脊椎疾患やスポーツ障害はその特性から、診察・画像診断や治療に多くの時
 間を要します。多くの患者様を一度に診る事はできず、量と質を両方追い求めることは不可能のようです。又日常診療では、患者様の生活や価値観も大切にしています。運動器の障害は、本人の仕事や趣味・夢に直
 結する問題を引き起こします。患者様の悩みはすべて異なっていますね。診療外では、定期的に国際学会には足を運ぶことを自らに課しています。最新の知見を取り入れ、日常の技量に少しでも還元するためです。
 一人一人の患者様の悩みを少しでも共有し、脊椎とスポーツの診療を充実させてゆきます。        (平成24年7月)





[全国学会発表(国内)]

2009. 5. 日本整形外科学会総会(福岡) 『複雑な病態を有す脊椎脊髄疾患への3D-MRI/MRA/CT fusionimaging作製の試み』
『医療崩壊を来した公的病院での整形外科非常勤医師の役割(演者:奥田俊介)』
2010. 5. 日本整形外科学会総会(東京) 『256列CTミエログラフィーとWorkstationを用いた腰椎変性疾患における黄色靱帯描出の試み』
『バーチャルCTミエログラフィーを用いた腰椎変性側彎症の術前評価(演者:石丸雅巳)』
2011. 5. 日本整形外科学会総会(横浜、慶應義塾大学ネット開催) 『地域の移動弱者である高齢患者をどう治療するか-非常勤脊椎手術への挑戦-』
『3次元-MRI/CT Fusion Imagingを用いた頸部神経根描出の試み』
『あなたは腰が痛くなったときにどこで治療を受けますか-スポーツの腰痛と整形外科治療に関する意識調査-(演者:千葉恭平)』
2012. 5. 日本整形外科学会総会(京都) 『Tight hamstringsが腰椎分離症患者の脊椎アライメントに及ぼす影響-SLR姿位での新しいストレス撮影法からの考察-』
『腰椎すべり症における神経根の走行-整復による神経根障害発症の危険性を可視化する-(演者:山岡豪大朗)』
2014. 4. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会(京都) 『Cervical radiculopathy can be detected by 3-D MRI/CT fusion imaging: Visualization of the nerve root and groove』
2015. 7. 第49回日本ペインクリニック学会(大阪) 『全脊柱MRI検査を用いたspinal painの評価-重複病変を見逃さないための画像診断アルゴリズム』
『痛い神経根がみえる-3D MRI/CT Fusion Imageで挑む神経根病理』(最優秀演題賞)
2016. 7. 第50回日本ぺリンクリニック学会(横浜) 『脊椎由来の痛みで逃したくない問診10項目 -「聞く」「聴く」から「効く」へ』
2017. 9. 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会(松山) 『MRIによる内椎骨静脈叢の三次元描出 ~脊柱管狭窄症でepidural varix は圧迫因子になりうるか~
2018. 7. 第52回ペインクリニック学会(東京) 『MRIによる内椎骨静脈叢の3D可視化:脊柱管狭窄症における硬膜外腔の環境変化を探る』(最優秀演題賞)
『胸椎前彎化と脊柱管狭窄の関係:Whole spine MRI による spinal pain の評価』
 
 
 
 

[国際学会発表(海外)]

2010. 2. 1st Nepal / Japan Combined Orthopaedic
Symposium(ポカラ・ネパール)
『Virtual anatomy of the spinal disorders by using 3-D MRI, 3-D CT and Workstation (Oral).』
2010.11. SOFCOT 第85回フランス整形災害
外科学会(パリ・フランス)
『Tight hamstrings change lumbar spinal alignment : a new radiographic evaluation in anteroposterior and
 lateral view under dynamic Straight Leg Raising (Oral).』
2011. 6. 第11回 日仏整形外科合同会議
(ボルドー・フランス)
『The 3D-MRI/CT fusion imaging of the spinal nerve root disorders (Oral)』
『Virtual anatomy of the spinal disorders by using 3-D MRI, 3-D CT and Work station』
2011.10. EuroSpine 2011 (ミラノ・イタリア) 『The 3D-MRI/CT fusion imaging of the spinal nerve root』
2012. 4. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium (横浜) 『Tight hamstrings change lumbar spinal alignment : a new radiographic evaluation in A-P and lateral view under dynamic Straight Leg Raising (Oral)』
2012. 6. EULAR 2012  (ベルリン・ドイツ) 『Tight hamstrings change lumbar spinal alignment kyphoscoliosis :
 a new radiographic evaluation in anteroposterior and lateral view under dynamic straight leg raising (Poster)』
『Virtual anatomy of cervical nerve roots by 3-D MRI/CT fusion imaging』
『LUMBAR FACET JOINT EFFUSION ON 3-D MR MYELOGRAPHY: A SIGN OF RHEUMATOID BACK PAIN?』
2013. 5. AFJO (Association France Japon d’Orthopedie) (京都) 『The whole-spine MRI test in 10 minutes as a primary screening or spine dock for spinal disorders(Oral)』
2013. 7. Spine Radiology 2013
(ミラノ・イタリア)
『The whole-spine MRI as a primary screening test for chronic spinal disorders (Poster)』
『Tight hamstrings of young athlete change lumbar spinal alignment kyphoscoliosis in the kick position :
 a novel radiographic evaluation for lumbar spine in anteroposterior and lateral view under dynamic straight leg raising (Poster)』
『Virtual anatomy of cervical nerve roots on spondylosis by using 3-D MRI/CT fusion imaging (Poster)』
2014. 4. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium (軽井沢) 『Cervical radiculopathy can be detected on 3D MR/CT fusion images: The flattening of the affected nerve root with tortuosity (Oral)』
2014. 9. 16ème Réunion de Société Franco-Japonaise d'Orthopédie(福岡) 『Virtual pathology of cervical radiculopathy based on 3-D MR/CT fusion image: Pathoimagiology of nerve root (Oral)』
2015. 4. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium (花蓮・台湾) 『Whole spine MRI can reveal multiple lesions of spinal canal stenosis in 10 minutes (Oral) 』
2015. 8. Telemedicine & eHealth
(ヒューストン・アメリカ)
『Using 3D MRI/CT fusion image to reveal the pathway and pathology of the spinal nerve root in patients with
 irritable radicular pain (Oral, Invited speaker)』
2016. 4. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium(福島) 『3D-MRI/CT fusion imaging improves visualization of ligamentum flavum relative to the affected nerve root and
 disc in lumbar radiculopathy and motor palsy (Oral) 』
2016. 9. 16th World congress on PAIN
(横浜)
『One sheet of 10-items questionnaire for spinal pain:
 An expert nurse seriously listen to the patients’ complain for ten minute before physician asking (Poster)』
2017. 4. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium (阿里山・台湾) 『Three-dimensional visualization of epidural varix relative to the affected lumbar spinal nerve root using MRI』
2017. 9. World Congress of Neurology
(京都)
『Three-dimensional visualization of epidural varix relative to the affected lumbar spinal nerve root using 3D MRI』
2018. 5. Japan-Taiwan Orthopeadic Symposium (立山) 『Three-dimensional visualization of internal vertebral venous plexuses relative to dural sac and spinal nerve root of spinal canal stenosis using MRI』
 
 
 
 

[講演会]

2010. 1. 今越フットボールクラブとその保護者 『スポーツにおける小中学生の腰痛 およびMedical check』
2010. 3. スポーツ公開市民シンポジウム(今治市) 『背骨を鍛えましょう!!~腰痛・坐骨神経痛と上手につきあうために~』
2010. 6. 今治市小中学校体育教諭 『腰痛の子どもをなくすために ~成因と予防について~(実技付)』
2010. 8. 今治市中学体育教諭主任会 『知って得する「5つの柔軟性」(実技付)』
2010.11. 白石病院開院100周年記念シンポジウム 『あきらめないで「腰の痛みと神経痛」』
2017. 5. ペインクリニック学会中国四国塾(松山) 『痛い神経根の圧迫がみえる~3D MRI/fusion imagingと術中所見から迫る神経根症~』 特別講演Ⅰ
 
 
 
 

[公表論文 英文誌]

2000.10. Modern Rheumatology 『Histopathological characteristics of early rheumatoid arthritis: A case one month after clinical onset.』
2002. 4. Arthritis Rheum 『Arthritis in MRL/lpr mice is under the control of multiple gene loci with an allelic combination derived from the original inbred strains.』
2010. 3. Skeletal Radiol 『3-D MRI/CT fusion imaging of the lumbar spine. 』
2015. 3. Sringerplus 『Virtual pathology of cervical radiculopathy based on 3D MR/CT fusion images:
 impingement, flattening or twisted condition of the compressed nerve root in three cases.』
2016. 2. J Pain Manage Med 『Three-Dimensional Visualization of Ligamentum Flavum Relative to the Affected Spinal Nerve Root by MRI/CT Fusion Imaging:
 Three Case Reports of Lumbar Radiculopathy and Motor Palsy』
2018. 5. Jpn J Radiol. 『Three-dimensional visualization of internal vertebral venous plexuses relative to dural sac and spinal nerve root of spinal canal stenosis using MRI.』
 
 
 
 

[公表論文 邦文誌]

2013. 9. MEDIX(Vol.59,HITACHI) 『全脊柱MRI検査の臨床的意義-速く撮れて、楽に読める』
2014. 2. 臨床今治 『3-D MRI/CT Fusion Imagingで評価した頸部神経根症の2例』
2014. 1. Rad Fan 2014(全国誌) 『スポーツ選手の腰椎分離症―少年少女の画像を読み解く』
2017. 3. 臨床今治 『中学生・高校生をスポーツ障害から守るストレッチ~背骨の進化に基づく16のドリル~』
 
 
 
 

[教科書(海外)]

2012. 5. Recent Advances in Scoliosis(共著) 『Virtual Anatomy of Spinal Disorders by 3-D MRI/CT Fusion Imaging.』
 
 
 
 

[出演]

2010. 4~ JOEU-FM愛媛(ラジオ,3年間) フィッタ health giving 『スポーツ医学』
 
 
 
 

[受賞]

2002.12. 第11回 愛媛医学会賞 (基礎部門) 『慢性関節リウマチモデルのゲノム解析・感受性遺伝子座の特性とそのゲノム起源』
2013. 7. Spine Radiology 2013 (ミラノ・イタリア) Best Poster Award
『Tight hamstrings of young athlete change lumbar spinal alignment kyphoscoliosis in the kick position :
 a novel radiographic evaluation for lumbar spine in anteroposterior and lateral view under dynamic straight leg raising 』
2015. 7. 第49回 日本ペインクリニック学会(大阪) 兵頭賞(最優秀演題賞)
『痛い神経根がみえる-3D MRI/CT Fusion Image で挑む神経根病理-』
2015.12. 23th 画論 The Best Image 2015 (東京) 優秀賞
『CT 1-32列部門、頚椎症性筋萎縮症(CSA)』
2016.12. 24th 画論 The Best Image 2016 (東京) 最優秀・テクニカル賞
『CT 1-32列部門、頚椎椎間孔の形態評価法の新しい切り口』
2018. 7. 第52回 日本ペインクリニック学会(東京) 最優秀演題賞(臨床部門)
『MRIによる内椎骨静脈叢の3D可視化:脊柱管狭窄における硬膜外腔の環境変化を探る』
 
 
 
 

[趣味]

磯釣り、登山、書道、日本庭園
 
 
 
 

[philosophy]

『繊細で丁寧な手術』 『毎日がなぞとき。毎日が理論的か』
 
 
 
 

[Essay]

2010. 9. 日本医事新報(全国誌) 『言葉を取れよ、町へ出よう ─ドクターからみた田舎のスポーツ』
2010.11. 愛媛県医師会報 『腰痛から考える背骨の右と左』
2011. 9. 今治市医師会報 『アンナプルナ トレッキング』
2013. 1. 愛媛県医師会報 『20分で判る背骨の病気 ―スクリーニングとしての全脊柱MRI検査』
2013. 4. 今治市医師会報 『顕微鏡で挑む』
2014. 1. 愛媛県医師会報 『Best poster AWARD を頂いて(学会報告記)』
2014. 3. 今治市医師会報 『石鯛を釣る』
2015. 1. 愛媛県医師会報 『骨が腫れる-Stress bony edemaとスポーツの休止』
2015. 6. 今治市医師会報 『私と書道と骨削り』
2016. 1. 愛媛県医師会報 『兵頭記念賞を頂いて』
2016.10. 日本ペインクリニック学会 第50回記念誌 『神経根の顔』