ペインクリニック外来診療開設のお知らせ

ペインクリニック外来診療
開設のお知らせ
下記の内容にて診療を行っております
診 療 日:毎月第3火曜日
医  師:檜垣暢宏(ひがきのぶひろ)
(愛媛大学医学部付属病院
麻酔科 ペインクリニック主任)
対象疾患:『痛み』を伴う全ての疾患
興味のある方・診察ご希望の方は、お気軽に外科外来
スタッフへお問い合わせ下さい。

医療法人 慈風会 白石病院
今治市松本町1丁目5-9
予約番号 0898-32-4193

 ペインクリニックについて 
 ★ ペインクリニックってなに? 
『ペインクリニック』の『ペイン(pain)』とは、『痛み』の意
味で、痛みを専門的に治療する診療所などを指します。痛みの他
に、シビレや冷え、凝り(肩凝りなど)の治療等もあります。
 ★対象疾患はどんなものがあるの? 
 痛みを伴う全ての疾患が対象です。 
 ①『侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせいとうつう)
  身体の組織の損傷・炎症・病変などが原因で起こる急性の痛み。
 ②『神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)
  様々な要因によって神経の損傷や障害などが原因で起こる痛み。
  (慢性化しやすい)
 ③『心因性疼痛(しんいんせいとうつう)
  心理的な要素が原因により起こる痛み。(慢性化しやすい)

具体的な痛みとしては…
 ・腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症
  などからくる足腰の痛み。
 ・頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどからくる、くびや手の痛み。
 ・肩こりや緊張型頭痛。帯状疱疹や帯状疱疹後の神経痛。
 ・三叉(さんさ)神経痛、手術や外傷後の長引く痛みなど。身
  体の頭から、足まであらゆる箇所の痛みが対象となります。
 ★どんな治療をするの? 
 ペインクリニックで行う主な治療方法は、注射と薬物療法
 (内服)と脊椎刺激療法(SCS)です。
①『注射』
  『痛みを和らげる・血流の改善』事を目的とした、神経ブロ
  ックという特殊な注射を行います。
  薬剤は歯医者さんが使用する『局部麻酔薬』が主体で、痛い
  部位や痛みを伝える神経の近くに、この局部麻酔薬を注入し、
  痛みを和らげたり、血流を改善して行きます。  血流を改
  善することにより、炎症などを起こしている組織を復活させ
  る手助けとなります。注射の針は細いので、筋肉注射などに
  比べるとそれほど痛くありません。

②『薬物療法』
  『痛みの治療』には、消炎鎮痛薬や抗けいれん薬・抗不安薬
  などを用います。
  抗けいれん薬や抗不安薬などは、鎮痛薬でないが鎮痛作用を
  発揮する薬剤で、『鎮痛補助薬』と呼ばれています。抗けい
  れん薬は、神経の異常な興奮を抑える作用があり、その結果
  神経の痛みの軽減という効果があります。また、症状には個
  人差があり、その人にあった薬(鎮痛薬と鎮痛補助薬の組み
  合わせもあります)を処方し、症状(痛み)を軽減させてい
  きます。
③『脊椎刺激療法(SCS)』
  疾患や外傷から生じた神経の異常に基づく痛み(神経障害
  性疼痛)や末梢血流障害による難治性の疼痛に有効な治療
  法です。
  脊椎刺激療法(SCS)とは…脊椎に微弱な電気を流し難治性
  の痛みを緩和する治療法です。刺激装置(電流量)の操作は、
  患者様自身が行いますので、自分のペースに合わせて痛みの
  コントロールが出来ます。
   具体的な治療の進め方としては…
   ①医師と治療目標の決定
   ②効果があるかどうかを確認する試験刺激を行います。
    (数日間入院して、試験用のリードを埋め込む手術を
     行う。)
   ③試験の結果『効果有り』の場合は、刺激装置の本体を
    埋め込む手術(数日間の入院。局所麻酔で行う。)を
    行います。
   ④刺激装置を操作して、痛み緩和の操作を始めます。
  *詳細は外科外来スタッフへお声掛けください。

最後に…
 身体に『痛み』があると、どんなに少しでも辛いものですね。
 ペインクリニックの治療を行う医師は…
 手術の麻酔や救急蘇生、そして注射をすることに熟知した
 麻酔科の医師が『ぺインクリニック』という専門的なトレ
 ーニングを受けたスペシャリストです。
どうぞ安心して、どんなことでも御相談ください。
(2017.9.7)

閉じるボタン